fc2ブログ
CAFE de ROSE
☆CAFE de ROSE☆へようこそ。 気ままにおしゃべりを楽しんでいってくださいね。         私たちのホームページへも是非お越しくださいませ。 http://brassrose5.com

プロフィール

ブラスアンサンブル・ロゼ

  • Author:ブラスアンサンブル・ロゼ
  • 中部地区を中心に活躍する五人の女性により結成された金管五重奏団。
    コンサート出演、各種学校の音楽鑑賞教室への出演、企業・団体等の各種イベント、結婚式、パーティーでのファンファーレやBGM等の演奏、メンバーによるクリニックなど積極的に活動しています。

    みなさまの大切なひとときに音楽の花束をお届けします☆

    メンバー:
    稲垣路子(トランペット)
    近藤万里子(トランペット)
    杉浦美紀(ホルン)
    照喜名有希子(トロンボーン)
    加藤日名子(テューバ)

    ☆コメント大歓迎です☆
    皆さまのお声をどしどし
      お聞かせくださいませ。

    ♪演奏のご依頼も承ります。 
    詳しくはホームページまで!!
    http://
    brassrose5.com   


    ♪メールでのご要望、
    ご質問もお気軽にどうぞ。
    info@brassrose5.com



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



お~っっ!

先ほど、ロゼのHP見ようと思って検索をかけたところ、
「ブラスアンサンブル・ロゼwith Romance」出てきました~。
まだ11/1発売なので、取り扱いはされてませんが、着々ですねえ。
着々といえば、ロゼのHPからも1枚目同様、お買い求めいただけるようにしなくては…
なのですが、こちらは…。ごめんなさい。
頑張ります…。


先日演奏させていただいた南城中学校の生徒さんからの掲示板のメッセージも発見。

中学3年生かあ、と自分の頃を思い出してみた…。

私がトロンボーンと出会ったのは中学一年生。
もちろん、吹奏楽部でです。
その前に、小学3年生の時から、ブラスバンド部(金管バンド)に入っていて、
アルトホルンという楽器を吹いてました。
その関係もあって、中学になっても楽器を続けたい!
木管じゃなくて金管がやりたい!(木管はきっと性に合わないと思ったので(笑))
と思って入部。
案の定、ホルンの先輩につかまる。
もちろん、音は出るし、「素質あるよー」とか言われて嬉しくなってたりしたわけですが…
トロンボーンのところで、カッコイイ女の先輩に出会う。
しかも、すごく上手で、「私もああなりたい!」とトロンボーンになったわけです。
あそこで、ホルンになってたら、今の自分はどうなってたんでしょうね~。

高校受験を控えた中学3年生。
わりと、吹奏楽が盛んな地元、石川県小松市。
高校も盛んな学校が結構あるんです。
中学の顧問の先生に
「○○高校は部活もできるし、芸術コースもあるからいろんなレッスンも受けれるし、
音大を考えてるならそこがいい」
と言われて、その気に…。
で、小松市立高等学校に入ったわけです。

高校1年の春に、今の師匠、藤沢先生に出会い、そこから毎月、月1で名古屋まで通ってました。
その頃は、全然先生がどんな方か知らなくて、今思えば恐ろしいくらい無知な私でしたねえ。
インターネットもそう普及してなかったし…。
たしか受験校を考え出して、初めて愛知県芸の先生だと知った気がします。
で、受験校をそこに決めて、入ったわけです。

その頃は、学校の先生になる!と言って大学に入った気がします。
(親もそのつもりで出してくれたんだと思う…)
でも、やっぱり演奏してたいという想いが強くて、大学卒業時に、頑張らせてほしいと
親を説得した覚えがあります。

卒業後に、ロゼと出会い……

今の私もトロンボーンを吹き続けることができてるわけで…。
本当に幸せなことだなあと思います。

好きなことを仕事にできるっていうのはなかなか難しいとは思いますが、
夢に向かって頑張ってほしいなって思います。


   BYゆっこ

この記事に対するコメント

楽器との出会いは、運命的な出会いがありますね。

その楽器に出会ったからこそ今の照喜名さんがいる訳で、出会ってなかったら、音楽家照喜名有希子はなかったかもしれません。

音楽家にとって、楽器との出会いは結婚相手との出会い以上かもしれません。

自分の好きなことを仕事にすると言う事は、大変だと思います。しかし、苦しくて大変でも、好きだからこそ出来るし、それを乗り越えた時はまた一つ自分がレベルアップ出来る時と思います。

これからも好きな事を続けて下さいね。
【2012/10/27 09:51】 URL | 運命ですね。 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://brassrose.blog9.fc2.com/tb.php/1970-786010e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)